マックでの一人カフェは、なぜか集中できる!

Sponsored Links




 


どうも、こんにちは。Takaです。この記事を読んで頂きまして、ありがとうございます!

さて、今回はマクドナルド、通称マック(関西圏では、マクドと略するみたいですね〜)を紹介していきたいと思います。

マックは、中高生が多く大の大人がそれも一人で、カフェのような目的で行くか!?と思われるかもしれませんが、マックは、一人カフェで全然行きます!

集中して何かしたい場合は、進んでマックに行くことがあります。なぜ、集中できるか、少し自分なりにも考えて見ました。

そんなマックを今回は、ご紹介したいと思います。

Sponsored Links
 

外回りサラリーマンの方の時間調整にいいかも

マックは、中高生が多いのは、今も昔も変わりありません。

中高生の時、私自身はあまり行かなかったのですが、友達は何かあると「マックマック」といつも言っていたような気がします笑

そんな高校時代から10年ほどたっているのですが、時代が移ろい変わっても中高生に人気なのは、変わりなくという感じですね〜

そんな中高生に人気のマックですが、その一方で、スーツを着たサラリーマンの方が店内でパソコン作業をしていたり等の光景をよく見かけます。

年齢層も20代〜50代くらいまで幅広く見かけます。

小腹の空いたサラリーマンの方が、腹ごしらえのついでにちょこっと仕事をしたり、少し休憩に使ったりする事が多いのではないかと思います。

たしかに、私も仕事で外回りする事があるのですが、少し時間が空いた場合など、適当な場所に駐車して車内待機して時間を過ごしますが、カフェにわざわざよるとは考える事はないです。

その点でマックであれば、少しだけよって、お腹も満たせて、時間の調整も出来てちょうどいいなと感じる事があります。

 

一人カフェでもマックを

という事で、上では、サラリーマンにとって一人マックは割といいかもしれないという事を書いたのですが、私はプライベートでの一人カフェでのマックも、もちろん紹介していきたいと思います。

 

マックでの一人カフェですが、ハンバーガーやポテトを食べたくなったら行く事もあります。なぜかマックのポテトが無性に食べたくなる時があります。

あれはなんだろうか・・・それはともかく、そんな時に食べに行く事があります。

 

これとは別に集中して無心に勉強等したいと思った時に時間を決めてよく行く事があります。

上記のようにサラリーマンの方が、無心でパソコン作業等しているように、家では全く集中できないのにマックではなぜか集中して何かできるという事があります。

その理由として、周りに見られているから、下手な事は出来ない。サボれない状況があるからというのがあると思います。

カフェに行く理由としては、カフェでゆったり時間を過ごすという目的と、自分の家では集中出来ないため、カフェに行って集中して勉強等などを行うという目的で行く事があります。

他のカフェなどでもその効果を感じる事が出来るのですが、マックの場合、特にそれが顕著に感じられるところがあります。

 

なぜか・・・

改めて考えるとみると、その理由としては、周りが中高生だからという謎の結論に至りました笑

大人になればあまり気にしなくなるのですが、中高生の頃は周りの人間が何をしているのかというのは、気にするような傾向があるかと思います。

たくさんの中高生が談笑しているような環境で、一人黙々PCに向かってタイピングでもしていたら、ひそひそと何か言われる可能性もなきにしもあらず・・・笑

実際に、視線を感じる事があります(意識しすぎかもしれないですが・・・笑)

そんな環境だからこそ、いつもよりもさらに下手な事は出来ない、しっかりやらなきゃと考え、集中して早く切り上げようという気持になるのかなという気もします。

 

と、自分なりに分析をしてみました。

 

まとめ

そんなこんなで、今回は、マックでの一人カフェを取り上げて書いてきました。

一人マックで食べることよりも、食べた後の作業などを取り上げて書いていきました笑

マックは、なぜか集中して作業が捗ります。それを、自分なりに分析してみたのですが、いかがでしたでしょうか?

ただ、中高生がいても全然気にならん!という方は、上記のような理由でマックでは集中して取り組めるため、作業を短時間で効率的に出来る可能性もありますので一人カフェとしてオススメです!

 

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taka777

takaと申します! 普段は、ごく普通のサラリーマンですが、ブログを通じて何かしらの 情報などを発信してみようと思い、ブログ開設に至りました! 運良く(!?)ブログ読まれた方に何かしらのお役にたてたら幸いです。