携帯大手3社ファーウェイ除外。利用中の機器製品は?日中関係も考察

Sponsored Links




 


携帯大手3社がとうとうファーウェイ製品の除外を決めたそうです。

昨日、日本政府が使う通信機器のファーウェイ排除を発表したばかりですが、大手3社が完全にそれに追随する形になったかと思います。

日本政府が使わないと決めそれをわざわざ発表しているので、今後はファーウェイ製品が日本で売れなくなるのも火を見るよりも明らかですし、携帯3社がいずれは取り扱いをしなくなるんだろうなと悠長に構えていたのですが、昨日一昨日の政府発表から1日、2日で即断で今回の携帯各社の方針が決まったようです。

私の昨日の記事では、まだまだ個人レベルのファーウェイ製品の使用については、何らかの規制等はないのではないかと書きました。特にソフトバンクはファーウェイの基地局を持っておいるので、すぐにはすぐ決断出来ないと思っていたのですが、びっくりです。

ファーウェイ製品の政府排除。個人への影響は?稼働している製品は

2018.12.09

という事で、今後本格的にファーウェイ製品に日本締め出しが始まるのですが、それについて、現在利用・使用しているファーウェイ機器のどうなってしまうのか、また日中関係について書いていこうかと思います。

Sponsored Links
 

携帯大手3社ファーウェイ除外。利用中の機器製品はどうなってしまうのか?

それでは早速本題に入ります。

今回携帯3社がファーウェイ製品を除外してしまうと現在利用中のスマホやルーターなどの機器製品がどうなるかという所です。

昨日の記事でも少し取り扱った話題になるのですが、携帯3社がファーウェイ機器を本格的に除外するというのは今後具体的に動くようになっていくかと思います。とい所で、現在個人レベルで使用しているファーウェイのスマホ等の製品については、通信機器としてすぐに利用が出来なくなってしまうという事は現実的にはないかと思います。使用に関しては、当分はできるのではと思います。

その一方で交換などの措置があるのかという所も気になります。そういう交換などの措置を講じるとは個人的には思えないのですが、不明瞭です。今までの携帯会社の対応として機種交代をするとは個人的には考えにくいと思っています。

ただ、今回の一連の流れですが、ファーウェイ製品を日本政府が使わないと声明を出してからほぼ日を開けずに携帯3社も同じようにファーウェイ製品除外する方針をとり、政府決定から民間への施策のスピードが今までない以上に早く感じます。そのため、通信機器としてのファーウェイ製品除外を徹底するために、交換等の可能性もわずかながらあるのかなと思います。

ただ、それでもも現実的には、個人所有のファーウェイ製品を交換などを全て交換するなどは難しいかと思います。

購入したばかりの方やすぐには買い替え出来ないという方も多いかと思います。今回のニュースでファーウェイを個人で使用することに抵抗を持った方も多いかと思いますので、公式な発表があるまで待てないという方は、ファーウェイ製品から乗り換えも早々に検討をする余地もあるかと思います。

という事で、現状の発表では現在利用されているファーウェイ製品についての取り扱いについては発表等がされていないのですが、ファーウェイ製品については近日中に通信機とし使えなくなるわけではないと考えます。

ただ、このような方針が決まった以上は何かしらの発表があるかと思いますので、ファーウェイ製品を使っている方は携帯3社の対応について注意深く追っていた方がいいかと思いますし、このブログでも追ってご紹介していこうかと思います。

携帯大手3社ファーウェイ除外した事による日中関係について考察

今回ファーウェイ商品を日本政府と共に民間からも除外する形になり、いよいよ日本からのファーウェイ商品の締め出しが行われる状況になってきたかと思われれます。

そんな中、気になるのが日中関係について考察したいと思います。

先日の日本政府の政府使用の通信機器からファーウェイ商品を排除すると発表の際も以下のような声明を中国大使館から発表しているそうです。

「中日(日中)の経済協力のためにならない。強烈な反対を表明する」

声明は7日付で、大使館ホームページに掲載された。ファーウェイなど2社の製品が日本の利用者から好評を得ており、2社が日本製品も大量に輸入していると強調し、「中国の法律はいかなる機関にも、盗聴やスパイのための装置を(製品に)仕込む権限を与えていない」などと主張した。

引用元:読売新聞

中国大使館直々に発表をしているのも気になりますね。気になるというのは、中国の一企業の製品を日本が使わないと声明を出した事に対して中国という国家が日本の声明に対して反対声明を出すまでなのかなと疑問に思います。

例えば、仮にapple製品を日本政府として使わないと声明を出したとしてもアメリカ政府が直々にそれに対して反対の声明を発表をするという事はあまり考えられないと感じます。そして、同様に日本のソニーの製品が他国が使わないと公式発表してもそれに対して日本政府が反対声明を発表するでしょうか・・

つまり、何が言いたいかというと、このように中国政府が(例え中国が世界に誇る企業だとしても)中国の一企業にすぎないファーウェイに対しての日本政府の見解に中国政府直々に介入してくるという事は、中国の国家の国防における国家戦略の一部としてのファーウェイを位置付けているのではと思ってしまいます。

やはり中国がファーウェイを国家戦略上、重要だと考えているのであれば、今回のように日本の携帯大手3社もファーウェイ製品を除外を決めた事に対して反発が強まるかなと思います。また、国防での役目も担っているのであればなおさらです。

とここまで、考察になっているかどうか微妙ですが、ファーウェイ除外に対しての日中関係は良好になるとは言い難いのですが、ファーウェイ商品についての世界でもそのセキュリティ面での問題がクローズアップされ、締め出しが行われている状況の中では今回の一連の流れはある意味妥当日本にとっては、いい決断ではないかと思います。

まとめ

携帯大手3社が一斉にファーウェイ製品の排除を決めたということですが、かなりびっくりしています。特に冒頭でもご紹介したようにソフトバンクはファーウェイの日本の基地局となっていますので、ファーウェイ製品をさらに売り出そうという計画があったかと思います。それが、急に排除を決めるというのは、びっくりしました。

現在利用中のファーウェイ製品が今すぐ利用不可にはならないかとは思いますし、今後携帯各社ではファーウェイ製品についての何かしらのアナウンスもあるかと思いますので、そのアナウンスがあるまで待っているのもいいかもしれません。

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taka777

takaと申します! 普段は、ごく普通のサラリーマンですが、ブログを通じて何かしらの 情報などを発信してみようと思い、ブログ開設に至りました! 運良く(!?)ブログ読まれた方に何かしらのお役にたてたら幸いです。