ローソン500円コーヒーの味や香り、サイズは?取扱店や期間を調査

Sponsored Links




 


ローソンが500円のコーヒーを販売するようで、色々と気になるので調べてみました。

コンビニコーヒーと言うと、100円〜200円くらいの値段が主流でその、手頃な価格と手軽に注文できるのがカフェとは違った良さがあるかと思います。

そんな特徴を持つコンビニコーヒーなため、500円の価格は結構高いなという印象を持ちます。値段だけで言えば、スタバなどのおしゃれなコーヒーチェーン店でのコーヒーよりも下手したら高い印象を持ちます。

そんな中での500円コーヒーということ逆に興味が唆られます。今回のローソンの500円コーヒーの触れ込みは、樹齢100年の木から収穫したコーヒー豆ということでした。この中で年間生産量2.7tうち約1tをローソンが確保して提供するということでした。この触れ込みを見る限り相当なレアなコーヒーである事は間違いないようです

ということで、今回はそんなローソン500円「ティピカ スペシャルリザーブ パナマ・ベルリナ農園」コーヒーについてコーヒーの味や香り、サイズの種類そして取り扱いのある店舗や販売期間などをまとめてみようかと思います。

Sponsored Links
 

ローソン500円コーヒーの味や香り、サイズは?

ここからはこのローソン500円コーヒーの味や香りそしてサイズの種類などについてご紹介したいと思います。


引用元:Lawson公式HP ニュースリリース

以下、ローソンHPから今回の500円コーヒーについて抜粋したものです。味と香りに関する事が記載されています。

今回発売される商品は、パナマ・ボケテ渓谷の高地にある名門「ベルリナ農園」で栽培された、樹齢100年以上のティピカ種の木から収穫したスペシャルリザーブです。通常コーヒーの木の寿命は30年~40年といわれており、樹齢100年という木は非常に希少です。今回、年間生産量2.7tうち約1tをローソンで確保し、ご提供いたします。しっとりとした舌触りで柔らかくフローラルを思わせる香りが特徴です。

引用元:Lawson公式HP ニュースリリース

とここで、上の引用にある「ベルリな農園」についても気になったので、調べてみることにしました。

ベルリナ農園は、国際コンクールで数々の賞を受賞してきたパナマの名農園で、コンぺティションや業界雑誌の品評では、パナマコーヒーの最高峰に幾度も選出されている農園です。
ベルリナ農園を運営しているルイズ家は、契約の小規模農家の人々と共に手間を掛け、自然を大切にし、高い木に覆われた山々の日陰でコーヒーの木を育てるという伝統的手法の日陰栽培でコーヒーを育みます。この伝統的コーヒー栽培が美味しさの秘密の一つとなります。

引用元:UCCコーヒー通販サイト パナマ・ベルリナ農園

上記のようにベルリナ農園自体が名農園でありパナマコーヒーの最高峰にも選出されているということが紹介されています。

また、味や香りについても言及がありました。

フローラルな香りとスッと飲めるバランス感、後味の良さを持つ、安定感のある上品なコーヒーです。また、冷めても苦味はなく、後味の良さがあり、スッと飲めるのも特徴です。

引用元:UCCコーヒー通販サイト パナマ・ベルリナ農園

さらに、ティピカ種であるということについても調べてみました。

ティピカ種はアラビカの原種ともいわれる最も古い品種です。ブルーマウンテンなどの原種としても知られるこのティピカ種は傑出した甘さを持つクリーンカップですが、病害虫に弱く、生産性が低いことから、市場への流通数は極めて少なくなっています。

引用元:HIROCOFFEE 

以上紹介されている内容からまとめますと、以下の特徴をもつコーヒーかと思います。

味は・・スッと飲めて後味の良い甘いコーヒー、しっとりとした舌触り

香りは・・・フローラルの香り

後味が良く飲みやすく、フローラルな香り、とても気になります。

次は、この500円コーヒーのサイズについてですが、以前も同様な500円コーヒーが販売されていた時にSサイズのみでした。そのため、今回のティピカ500円コーヒーにサイズについてもSサイズになるのかなと思います。

希少なコーヒのためSサイズとして展開もローソンの戦略上必要なのかもしれないですね。

ローソン500円コーヒーの取扱店や期間を調査

ここからは、ローソン500円コーヒーの取り扱い店についてまとめてみたいと思います。引用元にあるように全国のローソンマチカフェ展開店舗でされるようです。

12月11日(火)より全国のローソンマチカフェ展開店舗(12,500店:2018年11月末現在、「ローソンストア100除く」)

引用元:Lawson公式HP ニュースリリース

また販売の期間は上記の引用元にあるように12月11日(火)〜ということです。販売終了としては、在庫がなくなったら販売終了になるかと思われます。

およの1tの豆をローソンで確保しているということで、はたして何杯くらい飲めるのかは分かりかねますが、希少種であるため場合によってはすぐに売り切れになることも考えられるかと思います。

名農園であるベルリナ農園自体でさらに、市場流通量が低いティピカ種ということもあいまって、たとえ500円のコーヒーだとしても気になる方はぜひ飲んでもいいかと思います。

まとめ

今回は、ローソン500円コーヒーについて味や香り、サイズと取扱店や期間など色々と調査してまとめとみましたがいかがでしたでしょうか?

実は私自身昔ローソンでアルバイトをしていた事があり、ちょうどローソンコーヒーは導入された頃に、いつもの青白のボーダーのシャツではなく、茶色のエプロンを着てコーヒーを入れていたこともあります。その頃も確か希少種の豆を使ったコーヒーを販売していたのですが、ローソン自体が希少種を使ったコーヒーを提供することで、ローソンコーヒーにバリエーションをもたせたり話題性を作ったりしているのだなと感じます。

そういったこともあり、今回のコーヒーもまたかなり希少なためコーヒー好きな方はもちろん色々な方も興味を唆られるものかと思います。

自分自身も発売されたら飲んで見たいと思います!

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taka777

takaと申します! 普段は、ごく普通のサラリーマンですが、ブログを通じて何かしらの 情報などを発信してみようと思い、ブログ開設に至りました! 運良く(!?)ブログ読まれた方に何かしらのお役にたてたら幸いです。