ひなせみなと祭り2018の交通規制や駐車場は?混雑予想もご紹介!

Sponsored Links




 


こんにちは、takaです。こちらのブログを読んで頂きまして、ありがとうございます。

8月に入り、夏休みも4分の1くらいがすぎるくらいになりました!私自身は、もう夏休みがない社会人ですが、夏休みなんてあったな〜と思い出す季節でもあります!そんな夏という季節ですが、夏の思い出としてお祭りや花火などのイベントが目白押しの季節でもあります。

こと私の住んでいる岡山に関しては、今年は豪雨災害により花火や夏祭りも中止になったりしている地域も少なからずあるのですが、今回ご紹介する「ひなせみなと祭り」に関しては、今の所、開催が決定しています!

毎年のこのイベントを楽しみにしている方はもちろん、今回地元のお祭りにいけなった岡山の他の地域の方が来られるかもしれませんので、そのような方にも少しでも何か参考になる内容の記事をご紹介していきたいと思います!

今回ご紹介する「ひなせみなと祭り」はお祭りの開催と一緒に花火の打ち上げもありますので、そちらも記事にしていますので、当日行かれる方は、ぜひ、以下の記事もご参考ください!

ひなせみなと祭り花火大会2018の穴場は?屋台やトイレもご紹介!

2018.08.01

Sponsored Links
 

ひなせみなと祭り2018の交通規制は?

お祭りに車で行かれる方は行く時に気になるのは、交通規制の情報かと思います。その点について先に、ご紹介したいと思います!

当日は、備前♡日生大橋と梅灘橋が18:00から21:30まで全面通行止

参照:備前市公式HP 夏のイベント

上のように備前市のHPには掲載されていました!

備前♡日生大橋と梅灘橋は、備前市日生町と鹿久居島を結ぶ橋となっています!備前♡日生大橋は地図の赤いピンの地点、梅灘橋は、日生町の側に掛かる小さな橋です。鹿久居島からひなせみなと祭りに行かれる方は、交通規制により通行止めになる前に行くようにしましょう!

当日は、花火大会もありますので、鹿久居島からも観覧はできるかとは思います!

上の情報からいうと、他の岡山市内や兵庫方面からの交通規制は今の所はないかと思いますので、当日その両方面から来られるかたは、混雑状況を考えて現地入りしてもいいかもしれません。その点につきましては、混雑予想ということで、下に書いてありますので、良かったらご参考ください!

※ちなみに余談ですが、備前♡日生大橋ですが、文字の打ち間違いなどではありません!橋の名前として、♡がついていますが、この部分はどういう風に読んでもいいみたいです。

ひなせみなと祭り2018の駐車場は?

さて、それではここらからひなせみなと祭りの駐車場をご紹介したいと思います!

例年通りだと日生中学校のグラウンドが無料の臨時駐車場として解放されているみたいですので、今年もこちらが解放されているかと思います!

【日生中学校】

お祭り会場や花火の打ち上げ会場の近くの日生駅までは、徒歩5分の位置に日生中学校があります!そのため、車で来られる方は、わりかし会場近くに駐車できるので、その点はいい点かと思います!

ただし、当日のこの一帯は、多くの車での来場者が来るかと思います。特に花火の打ち上げ時間が近い夕方すぎからは、かなり混み合うと思うので、駐車場での混み合いや渋滞等に巻き込まれないためには、早めに来られ方がいいかと思います!

また、花火が終わる21:15過ぎからも帰りの車で駐車場付近などが相当混み合うと予想されますので、早めの帰宅も考えておくほうが良いかと思います!

ひなせみなと祭り2018の混雑予想について

さて、最後に今回のひなせみなと祭り2018の会場の混雑予想について書いていきたいと思います!

お祭りや花火大会などでは、混雑することはつきものです。。人混みが苦手でも、当日は、お祭りや花火を見たい!と思ってらっしゃる方もいらっしゃるかと思いますので、ひなせみなと祭り会場の混雑予想をしていきたいと思います。やはり、当日の会場は混雑が予想されますので、混雑を避けるポイントとしては、早めに現地入りして、早めの退散が良いかと思っております!

ひなせみなと祭りは花火大会も同日に開催されるため、多くの来場者が来られると予想されます。また、当日は、地元の方以外にも例年でも岡山市や兵庫県の赤穂市からも来られる事が考えられるため、やはり通常の付近の交通状況などとは違い混雑が予想されます。ブログ冒頭にも少し記載したように今年は、岡山県全域で花火大会の中止が多かったため、その分人出が増えるのではないかとも思います。

花火大会が開始されるのが、20時以降なのですが、その花火大会をお目当に来られる方も多数いるかと思います。夕方以降は、人出もかなり多く混雑予想できます。そのため、花火をゆったり見たいという方は特に、夕方より少しでも早く現地入りして、お祭りの屋台などを見て回って食べ物や飲み物を確保した状態で、花火会場である日生駅前港の人出が少なそうなところで花火がはじまるまでの時間をゆったりと過ごすのもいいかもしれません。

まとめ
ここまで、読んで頂きましてありがとうございました!

「ひなせみなと祭り2018の交通規制や駐車場は?混雑予想もご紹介!」ということで記事を書いてきましたが、いかがだったでしょうか?今回のひなせみなと祭りも当日は、お祭りや花火と大いに盛り上がるかと思います!

この記事が当日参加される方の参考になれれば幸いです!

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taka777

takaと申します! 普段は、ごく普通のサラリーマンですが、ブログを通じて何かしらの 情報などを発信してみようと思い、ブログ開設に至りました! 運良く(!?)ブログ読まれた方に何かしらのお役にたてたら幸いです。