岡山桃太郎祭り2018花火大会の混雑予想!アクセスや駐車場は?

Sponsored Links




 


こんにちは、記事をご覧頂きまして、ありがとうございます。

7月に入り1週間ほど過ぎようとしています。夏本番のこの季節、お祭りや花火大会が始まるシーズンに突入していきますね!

私が住んでいる岡山でも各地で夏のイベントやお祭りに向けての準備などが始まるところもあり、夏らしい賑やかな雰囲気になってきているような気がします。

そこで、今回は、恐らく岡山県内で一番大きなお祭りである「おかやま桃太郎祭り2018」の中の「納涼花火大会」をご紹介したいと思います。ちなみにこの花火大会の当日は、お昼にはJR岡山駅周辺や商店街などの岡山市内中心部では、うらじゃと呼ばれるている踊りが行われていて、このイベントにも多くの方が見に来られています。そちらのイベントもオススメです!

岡山に来て以来、この花火大会にほぼ毎年行っているのですが、とにかく人が多い!笑

以前、この日の花火大会に合わせて始まる数時間前に倉敷駅から花火会場の岡山駅まで電車で行ったことがあるのですが、電車は超満員!倉敷〜岡山間は、通勤・帰宅ラッシュ時も満員なのですが、それを上回りさらに多い!その時は、臨時での電車も出ていて通常よりも本数が多かったのですが、それでも超満員状態でした。

そんな岡山の一大イベントであるおかやま桃太郎祭りの花火大会のついて「おかやま桃太郎祭り2018の花火大会の混雑予想!駐車場や穴場は?」という事でご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links
 

おかやま桃太郎祭り2018の花火大会の混雑予想

混雑予想を書く前に今回の花火大会についての開催日時は下記の日程になっています。

開催日時
平成30年8月4日(土)午後7時30分~午後8時30分
※荒天の場合8月8日(水)に延期する可能性あり

さあ、それでは、おかやま桃太郎祭り2018の花火大会の当日の混雑予想を書いて行きたいのですが、当日は間違いなくかなりの混雑になるかと思います。

冒頭でも紹介した通り、当日の夕方前からは電車内が超満員状態で運行が開始されます。岡山で一番の人気を誇るイベントだと思いますので、岡山県内の各地方から岡山に人が集まってきますので、その分、岡山駅から花火大会会場までの間は本当に人で混み合っている状態です。

夕方すぎからは、岡山駅が通常の人だかりよりもさらに人混みにあふれ、花火がよく見える岡山県庁までのおよそ2kmの道のりに人が絶えず行き来している状態が花火が終わる時間まで続いている状態です。

そして、岡山県庁付近の花火スポットでは、人がごった返します。川辺で打ち上げているため、川岸近くは、人が通る通路が確保するのも困難になるくらいで混雑しています。

行きも帰りも相当な混雑状況が予想されるため、当日は、人混みが苦手な方は、県庁川辺付近を避け、見るスポットを少し変更したり、花火がすべて見終わるまでに帰るのも一つの手かもしれません。

また、人が多くなる場所なので防犯等もしっかりとするように心がけましょう!

 

おかやま桃太郎祭り2018花火大会までのアクセスや駐車場は?

さて、今回の花火大会の場所は下記のあたりとなっています。

開催場所
岡山市中区西中島周辺(旭川西中島河原一帯) 

場所だけ書かれても地元民じゃない限りピンと来ないかもしれないため、下に地図を貼っています。

県庁の南側の小島(旭川第一緑地)と書いてある島の隣の島が、西中島となっています。このあたりから花火が打ち上がります。

県庁付近からは建物等で遮るものが少なく、低めの花火も一番はっきりと見ることができるため、一番人が集まる場所となっています。

そのため、花火が近くで見れるポイントとして一番人気で、県庁の建物を目印に移動できるため、アクセスも容易で、花火を見るには良い場所かと思います。

実際、県庁から川の方面に近づいていくと、花火がもう目の前に見えてきます。その分、見物されている方でごった返していますが、5,000発の花火を目の前に見る光景は何度見ても感動します。

下記地図は、岡山駅から岡山県庁までアクセスするルートを示しましたので、ぜひご参考ください。

また、県庁までのアクセスに要する時間は、以下のようになっていますので、ご参考ください!

・JR岡山駅から徒歩約30分(約2キロ)。
・路面電車(東山行き)で約10分、西大寺町電停で下車徒歩約5分
・路線バス(南・東方面行き)で約15分、天満屋バスセンター・宇野バス本社で下車徒歩約10分

出典:岡山商工会議所

さて、以上は、岡山駅から、徒歩か交通機関を使って花火会場までアクセスの仕方をご紹介してきましたが、車で来られた方のために周辺の駐車場等についてもご紹介したいと思います。

岡山駅から歩きで岡山県庁を目指すのは、地味に距離がありますし、駅から会場近くまでの公共交通機関での移動は、路面電車でもバスでも超満員でしたので、会場までのアクセスに若干苦労するのですが、主催者サイドでは車での来場を控えるように案内しています。

そのため、なるべくは公共交通機関を利用してアクセスした方が良いかと思います。ですが、当日遠方から車で来られて、そのまま会場入りされたり、やむを得ない事情で車で来られる方もいらっしゃるかと思いますので、車で来た場合の駐車場などのについてもご紹介したいと思います。

実は、かくいう私は、昨年も花火大会を見に行ったのですが、その時は、車で会場の近くまで行くことになりました。恐らく、近くの駐車場はどこも空いていないだろうなと思っていたのですが、柳川筋の建物内の駐車場に駐車することができました。少しお高い駐車料金でしたが、止められないよりずっとましなので、ほっとしたのを覚えています。

夕方すぎて4時くらいに周辺に到着して、会場の割と近くに駐車することも出来ました。また、周辺にもちらほらと駐車場の電光掲示板に「空」が表示されていたので、夕方の早い時間に行けたら周辺のどこかで駐車も可能かもしれません。

昨年は、上記、地図の柳川筋の東沿いの駐車場に私はとめることが出来ました。その周辺の蕃山町、弓之町の駐車場も「空」の表示が昨年の4時すぎくらいはありました。

 

とういうことで、今回は「岡山桃太郎祭り2018花火大会の混雑予想!アクセスや駐車場は?」ということで、ご紹介しました。花火大会に行く前に、事前に混雑状況やアクセス方法などを押さえて、当日は花火を楽しみましょう!

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taka777

岡山に住むtakaと申します! 普段は、ごく普通のサラリーマンですが、ブログを通じて何かしらの 情報などを発信してみようと思い、ブログ開設に至りました! 運良く(!?)ブログ読まれた方に何かしらのお役にたてたら幸いです。