本田圭佑カンボジア監督就任の理由は?GMとは?選手兼監督は可能か

Sponsored Links




 


こんにちは、takaです!

今回は、サッカー日本代表の本田圭佑選手がカンボジア監督代表(肩書き上はGMという役職らしい。)になったという事について書いていこうかなと思います!私は、大のサッカー好きという事もあり、色々と気になったので、そのことを素人なりにまとめてみました!

サッカーでは、過去にプレミアリーグで選手兼監督としてプレーした選手がいたらしいのですが、日本のjリーグでは、恐らくそういった選手は過去にいないかと思われます。


それでは早速、「本田圭佑カンボジア監督就任の理由は?GMとは?選手兼監督は可能か」という事で書いていきます!

本田圭佑選手がカンボジア代表監督就任の理由は?

すごく急なタイミングでカンボジア代表監督になったというニュースが流れてきたのですが、はじめは「今のタイミングで大丈夫?」というのが率直な感想でした。というのも、本田選手は直近で、メルボルンビクトリーというオーストラリアのサッカーチームに加入したばかりで、現役の選手が代表監督に関われる時間などあるのか?と結構衝撃を受けました。

ただ、そのあとふと思い出しのが以前テレビで見たある番組でした。それは本田選手がカンボジアで行なっているサッカーのマル秘プロジェクトに密着するという番組でした。

カンボジアの貧しい環境で、「子供たちが夢を見つけることもできない、そんな子供たちに対して、夢を見つけてもらいたい。その一つの選択肢がサッカーであればいい」というような事を話していたのを思い出しました!

サッカーはしたい子供たちもいるけど、貧しさ故にサッカーをすることもできないカンボジアという国の状況に対して、本田選手自身がその現状に向けて自身のできる事をしようという結論に至り、それが代表の監督に就任するということだったんだと思います。

本田選手自身が世界的に認知度もあり、カンボジアサッカー代表の監督となることで、多少なりともカンボジアに対して注目が集まるのは間違いないかと思います。今までカンボジア代表の事を知らない私でも、今後カンボジア代表の事は気にするようになるかと思います。まずは、カンボジアのサッカーに目を向けてもらってカンボジアの国を知ってもらう。そういったプランを描いているのかなとも感じます。

カンボジア代表監督就任の直接的な理由は本田選手自身しかわからないものがありますが、私はこのように思っています。

本田選手自身は今回の就任にあたって、カンボジアのサッカーのスタイルを確立することとサッカー以外のカンボジアの魅力を世界に発信する事を自身のミッションであると発表しています。上記のようにカンボジアの事を知ってもらいながら、カンボジアのサッカーの戦い方を考え、浸透させていく取り組みを行なっていくのだろうと思います。

そして、本田選手自身も今までに何度も困難な状況から這い上がってきた過去があります。自身に伸び代があるかぎり、困難であっても可能性を信じて努力し続けることができる、過去にはそういう事も話されてました。

そういう意味では、施設設備や教育体制もまだまだな国自体も発展途上のカンボジアサッカーに大きな伸び代を感じたからこそ、そこにやりがいを見出してカンボジア代表の監督に就任した理由の一つではないかと思います!

カンボジア代表監督就任の理由については今後の本田選手の姿から見えてくるかもしれません。

本田選手が就任したGMとは?

それでは、今回本田選手が監督と兼任して就任したGMとは何をする人なのか?端的に表現されている言葉が見つかりました。

限られた契約年数の中で、長期的なプランを描きながら、チームを強化することが求められる。

出典元:Nunber webグランパスの名GMに尋ねた、JリーグにGMが少ない理由。

監督が、試合に勝利するために今いる選手たちで編成や戦略を考え実践に落とし込むことが役割で、短期的な目標に目を向けていく一方で、GMとは長期的なクラブの発展を考えて行動するのが仕事になるかと思います。

今回の本田選手の場合、カンボジア代表の監督兼GMに就任したため、長期的なプランを練りながら、監督としての選手選考や編成も担える立場となっています。

代表の監督を専任するだけでも相当な時間や労力を要すると思います。そのため、まず当面は、GMの立場としてカンボジア代表を長期的に東南アジアの中で結果を出せるチームにするために動くような気がします。

本田選手は、オーストリアやアフリカ、そして、カンボジアのクラブの経営に携わっています。文字通り普通の経営というと、収益を出して資金繰りや種々の問題などに対処しながら、サッカーのクラブチームを発展、存続させるためにいわば、裏方の仕事がついて回ります。現場の試合の勝利のためのマネジメントとはまた、別のものだと思います。

実際、本田選手が経営のどこまでに関与されていたかは定かではないのですが、経営的な部分を知った本田選手からしたら、今度は、選手たちを直接的にマネジメントする部分も興味があり、タイミングが重なり代表の監督になったのかと思います。

今後、本田選手がいつまでカンボジアの代表監督になるか、どのような事を行うかは、気になるところです!

選手兼監督は可能なのか?

次に、気になったのが現役の選手である本田選手がカンボジア代表の選手兼監督になることは、可能な事なのかという事です!

サッカーの監督になるには、監督になるために指導者ライセンスの取得をする必要があるのですが、本田選手自身は、指導者ライセンスの資格は持っていません。

それに対して、
登録上の監督は別の人物にしているが、実質的には、本田選手が監督としての手腕も振るうということがニュースサイトで発表されています。

つまり、正式な肩書きとしての監督は名乗れないが、GMという役職であれば、実質的な監督の立場としてカンボジアの代表に関するマネジメントも可能になるということではないかと思います。

ちなみに、現役選手の選手兼監督については、本田選手もこのように話しています。

「こういった契約は世界どこを見ても初めてだと思う。普通ではないやり方を受け入れてくれたことに感謝している」

出典元:スポルト 本田、カンボジア代表監督兼GMに就任「世界どこ見ても初」

世界的にも初の試みでもある現役選手の代表監督として、本田選手がどの程度できるのかは大変、関心があります!

まとめ

「本田圭佑カンボジア監督就任の理由は?GMとは?選手兼監督は可能か」という事で、書いていきましたが、いかがだったでしょうか?

今までも、数々の困難を乗り越えて、結果を出し続けてきた本田選手だからこそ、今回のカンボジア代表の監督兼GMもきっとうまくやってしまうかもしれません。

これからも色々な困難もあるかと思いますが、常に新しい事に挑戦し続ける本田選手を同じ日本人としての新たな挑戦を応援したいと思います!

ここまでご覧頂きまして、ありがとうございました!

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taka777

takaと申します! 普段は、ごく普通のサラリーマンですが、ブログを通じて何かしらの 情報などを発信してみようと思い、ブログ開設に至りました! 運良く(!?)ブログ読まれた方に何かしらのお役にたてたら幸いです。