武豊の不注意騎乗とは?オジュウチョウサンとの有馬記念はどうなるか

Sponsored Links




 


武豊騎手の不注意騎乗というのがyahooニュースで上がっていましたので、今回はその事について少し記事にしていこうかなと思います。

簡単な内容としては、香港のハッピーバレー競馬場で行われていた国際騎手招待にて、今回取り上げる「不注意騎乗」が行われてあ事で、香港ジョッキークラブから騎乗停止処分を受けたというものです。

不注意騎乗と言われてもレースの中のどの部分なのかというのは気になる所ですので、その点や、今回は、香港のジョッキークラブからの処分命令なので、今後年末にかけて行われるオジュウチョウサンとのコンビで出場する有馬記念への参加影響もするのかという所について少し記事にしていきたいと思います。

それでは、早速記事内容に移りましょう!

Sponsored Links
 

武豊騎手の今回の不注意騎乗とは?

さて、早速本題に入るわけですが、今回の不注意騎乗というものは、そもそもどういったものなのかについて、少しまとめてみました。

不注意騎乗

・他の馬の走行妨害
・競技中に諦めて馬を追うのをやめた
・競技中に鞭を使わずに流して走行した

不注意騎乗という事で、上のような事例があるそうです。

yahooニュースで取り上げられている内容では、今回の武豊騎手の不注意騎乗については、競馬に詳しい方でもどのような不注意事項があったかは分からないという意見も多く出ているようでしたので、以下、その点について書いていこうかと思います。

今回の不注意騎乗については、第1戦の4Rにて不注意騎乗があったとされています。

そのレース走行中に武豊騎手は最終のコーナーにて追走していた騎手の進路を狭くしたという事が不注意騎乗の原因になったとの事でした。

ちなみに該当レースについては以下のようになっていました。

武 豊騎手
第1戦

第4レース(20時10分発走) 芝1,000メートル
10番(11番枠) ラッキーラッキー号(C.シャム厩舎)

参照:JRAHP

動画でも紹介されていますが、SNSでの意見などでも処分として厳しいのではないかとの意見も多数見受けられました。

ちなみに今回、武豊騎手を追走していて進路を狭くされてとされる騎手は、ボウマン騎手という方だそうですが、その騎手も過去に同じように不注意騎乗があったようです。

武豊騎手のオジュウチョウサンとの有馬記念へ出場への影響はどうなるか

さて、今回の不注意騎乗について気になるのが有馬記念への出場への影響です。今回の有馬記念ですが、武騎手はオジュウチョウサンとのコンビ発表でも話題になっていますし、個人的にも相当楽しみにしていました。

競馬の中でも一番盛り上がる時期のレースになるので、武騎手&オジュウチョウサンとのコンビの出場はしてほしいな個人的には思っています。

今回、武騎手が参加した大会を運営する香港のジョッキークラブからは、以下のように期間指定の騎乗停止処分が下されているようですが、日本での適用はどうなるのかが気になります。

香港ジョッキークラブから26日〜30日まで騎乗停止の処分が科された。
参照:日刊スポーツ 武豊に停止処分、国際騎手招待の第1戦で不注意騎乗

日本の競馬団体であるJRAからは12月6日以降に適用について発表があるとの事ですので、その動向については気になる所です。香港と同じような適用を受ける場合5日間の騎乗停止がありうるという事なので、有馬記念には影響がない可能性も考えられるかもしれないのですが、大賞典など他のレースへの影響も考えらるという意見もありました。

まとめ

ここまでご覧頂きまして、ありがとうございます!

今回は、武豊騎手の不注意騎乗についてその内容や有馬記念への出場への影響についてまとめてみました。不注意騎乗については、それが何なのかというのは普段競馬を見ない人には分からないものですよね。

オジュウチョウサンとのコンビで出場する有馬記念への影響についてもかなり気になる所です。今後のJRAの発表を見守りたいのですが、武選手不在のレースとなった場合は、興行面で結構な影響も出るかと思いますので、その判断については、難しいものになりそうです。

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taka777

takaと申します! 普段は、ごく普通のサラリーマンですが、ブログを通じて何かしらの 情報などを発信してみようと思い、ブログ開設に至りました! 運良く(!?)ブログ読まれた方に何かしらのお役にたてたら幸いです。