口永良部島はどこにあるのか?噴火警戒レベルとはどういうものか?

Sponsored Links




 


こんにちは、takaです。

口永良部島の新岳が噴火して、警戒レベル4になっています。過去にも新岳の噴火がありましたので、少し心配です。かつて私も鹿児島に住んでいて、桜島の噴火を経験したことがあります。大規模な火山噴火は経験した事はないのですが、それでも怖いものです。

口永良部島では、島の面積も小さく噴火が本格化すると被害も大きくなるため、噴火が起きないことを祈るばかりです。

今回は、その噴火警報が発令されている口永良部島がどこにあるか、また、噴火警戒レベルなどについて、「口永良部島はどこにあるのか?噴火警戒レベルとはどういうものか?」という事で記事を書いていきたいと思います。

Sponsored Links
 

口永良部島はどこにあるのか?

まずは、今回噴火警報が発令されて口永良部島がどこにあるか見てみましょう!鹿児島県には、多くの島や諸島がありますので、口永良部島がどこにあるかについて気になる方も多いかと思いますので、下の地図に示します。

口永良部島ですが、鹿児島の南西の海にある島になっています。屋久島の西側に位置して、人口は、130名強と小さな島にはなります。屋久島と種子島を結ぶ航路もあるため、島からの行き来はしやすくはなっています。

また、今回の噴火があった新岳も口永良部島のどこにあるか地図でご紹介します。ほぼ島の中心部にあるため、噴火があった場合は、島の全土に被害が及ぶ可能性もあるのではないかと考えられます。

新岳は、本来噴火がなければ、自然豊かな綺麗な山でもあります。そのため、余計に噴火があるとやはり自然の脅威を感じる所です。。

今日の#口永良部島#新岳

naoko futagamiさん(@nao.ryou.rui)がシェアした投稿 –

口永良部島の景色です。私も鹿児島の島に住んでいました。本当に島ならではの美しい景色です。

いつもの坂道 . #口永良部島 #青い空 #白い雲 #繁る緑 #island #sky #cloud #headland

Asahiさん(@as3_elove)がシェアした投稿 –

島も海も綺麗なこの口永良部島ですので、島民に影響が出る大きな噴火はどうか、起きて欲しくないものです。

噴火警戒レベルとは?

今回のニュースなどでも取り上げられているこの噴火警戒レベルとはどういったものでしょうか?気になった方もいるかもしれませんで、少し調べてまとめてみました!

以下は、気象庁で発表されている噴火警戒レベルです。

噴火警戒レベルは、火山活動や噴火時等の危険範囲などから5段階に区分したものとなっています。下の図のように危険を表す状況としては、「避難」「避難準備」「入山規制」「火口周辺規制」「平常」となっています。

現在の口永良部島では、噴火警戒レベル4で、居住地域の方の避難準備をするような警報が出ています。現段階での重大な被害を及ぼすような噴火は起きていません。ですが、そのような噴火の可能性が高まっている警報のレベルになっています。

引用元:気象庁 噴火警戒レベルの説明

島内では避難警報も発令されて噴火付近の住人の方は避難を進めているという事ですが、専門家の意見では、以下のような指摘もあるようです。

口永良部島の噴火警戒レベルが「4」に引き上げられたことを受けて、口永良部島の火山活動に詳しい京都大学火山活動研究センターの井口正人教授は「口永良部島ではこれまでも山頂付近では火山性地震が起きていた。しかし、山腹で火山性地震が発生するのは3年前の爆発的な噴火の前の状況と同じ現象だ。遠くない時期に同じような規模の噴火が起きることも考え、警戒するべきだ」と話しています。

引用元:NHK news web 口永良部島に噴火警報 警戒レベル4に

3年前にも口永良部島での火山噴火があった中で、今回の噴火があり、今後も注意が必要かと思いますが、本当に何もないことを祈るばかりです。

まとめ

「口永良部島はどこにあるのか?噴火警戒レベルとはどういうものか?」と言う事でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回噴火レベル4の警報が出ていて、避難警報が出ています。島民の方には多くの負担があるかと思いますが、被害なくみなさん無事である事が一番です。

ここまで、ご覧いただきましてありがとうございました。

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taka777

takaと申します! 普段は、ごく普通のサラリーマンですが、ブログを通じて何かしらの 情報などを発信してみようと思い、ブログ開設に至りました! 運良く(!?)ブログ読まれた方に何かしらのお役にたてたら幸いです。